レビュー投稿数
1,588 件
アニメ作品掲載数
6,136 作

四月は君の嘘
しがつはきみのうそ

四月は君の嘘

お気に入り登録

気になる登録

  • 6
  • 5
作品をポチポチ応援しよう
総合評価
3.77
総合順位
38位
男性評価
3.81
女性評価
3.66
ストーリー
3.9
オリジナリティ
3.5
作画
3.8
音楽
4.1
キャラ
3.5
声優
3.5

みんなが選んだこの作品のジャンル・おすすめポイント!

笑える
0pt
泣ける
5pt
萌える
0pt
憧れる
1pt
ハマる
2pt
日常
0pt
学園
2pt
異世界
0pt
バトル
0pt
恋愛
2pt
ギャグ
0pt
シリアス
2pt
SF
0pt
スポーツ
0pt
音楽
4pt
神シナリオ
4pt
神作画
3pt
神OP
2pt
神ED
1pt
続編希望
0pt

作品あらすじ

母の死をきっかけにピアノが弾けなくなった
元天才少年・有馬公生。
モノクロームだった彼の日常は、
一人のヴァイオリニストとの出逢いから色付き始める。
傍若無人、喧嘩上等、でも
個性あふれる演奏家・宮園かをり。
少女に魅せられた公生は
自分の足で14歳の今を走り始める。【公式サイト他参照】

作品情報・関連情報

【公式サイト】https://www.kimiuso.jp/

【出演声優情報】
花江夏樹(有馬公生 役)
種田梨沙(宮園かをり 役)
佐倉綾音(澤部椿 役)
逢坂良太(渡亮太 役)
早見沙織(井川絵見 役)
梶裕貴(相座武士 役)
茅野愛衣(相座凪 役)

【楽曲情報】
<OP>
「光るなら」/Goose house
「七色シンフォニー」/コアラモード.
<ED>
「キラメキ」/wacci
「オレンジ」/7!!
「オレンジ(Acoustic Ver.)」/7!!

【放送情報】
<原作>新川直司
<監督>イシグロキョウヘイ
<シリーズ構成 / 脚本>吉岡たかを
<キャラクターデザイン / 総作画監督>愛敬由紀子
<プロップデザイン>髙田晃
<美術設定>塩澤良憲
<美術監督>薄井久代
<色彩設計>中島和子
<3Dディレクター>小野竜太(グラフィニカ)
<撮影>関谷能弘(グラフィニカ)
<編集>三嶋章紀(グラフィニカ)
<音響監督>明田川仁
<音楽>横山克
<ピアノ演奏>阪田知樹
<ヴァイオリン演奏>篠原悠那
<アニメーション制作>A-1 Pictures
<制作>「四月は君の嘘」制作委員会
<放送時期>2014年秋・2015年冬アニメ 君嘘 きみうそ

       

作品関連動画


作品の口コミ・感想・レビュー(全5件)

好きすぎる!感動する!!

4.33
視聴済み
ストーリー
4.5
オリジナリティ
4.0
作画
4.5
音楽
5.0
キャラ
4.0
声優
4.0
まず一つ、演奏をするところのクオリティの高さは最高!
音楽、映像美無茶苦茶凄いです!
それだけでもこのアニメを見る理由になるぐらい!
感情移入できるポイントも多数あり、後半は涙の連続。
何度でもみたい最高のアニメだと思います!

さらに表示

音楽が綺麗

3.91
視聴済み
ストーリー
4.0
オリジナリティ
3.5
作画
4.0
音楽
5.0
キャラ
3.5
声優
3.5
あまり音楽は詳しくないですが劇中に出てくる曲は聞いている人を感動させる素晴らしい曲ですね。
聞いてて心に響くというか
ストーリーは感動する要素が多く、また登場人物が成長する様をストーリーを通して感じられると思います。
タイトルにある「嘘」がどんな嘘なのか、全体を通してみていくのも楽しめると思います!

さらに表示

ヘッドホン推奨

4.25
視聴済み
ストーリー
4.0
オリジナリティ
4.0
作画
4.5
音楽
5.0
キャラ
4.0
声優
4.0
魅せ方がすごい。
この手の音楽に興味ない人でも惹きつけられる様な演奏と描写。
キャラクター達のバックボーンが演奏に合わせて伝わってくる。
最終回を観終わった後は、感傷と感動で胸がいっぱいになりました。
今でも年に一回は観ちゃう作品。

さらに表示

最後やばいな

4.00
視聴済み
ストーリー
4.0
オリジナリティ
4.0
作画
4.0
音楽
4.0
キャラ
4.0
声優
4.0
ピアノ奏者の主人公とヴァイオリニストの話。がっつり感動系。トラウマを乗り越えようとする。とくに最後のたたみかけが泣ける。

さらに表示

見た後に驚いた

3.91
視聴済み
ストーリー
5.0
オリジナリティ
3.5
作画
4.0
音楽
4.0
キャラ
3.5
声優
3.5
このアニメ少年誌(マガジン)連載だったんですね!
クレジットちゃんと見てなかったのでずっと少女漫画系統だと思っていましたw
元天才ピアニストの有馬君と現天才ヴァイオリニストのかをりの青春物のアニメ
まず泣けます。号泣します。
BGM挿入歌も含めほんと泣けます。
終わった後の虚無感が半端ないです。
青春のカテゴリにふさわしい十代の時の葛藤や成長、別れなどすべて詰まっており
「四月は君の嘘」というタイトルもちゃんと回収して僕的には綺麗な終わり方だと思います。
やっぱり青春物を見ると学生時代に戻りたくなりますね。

さらに表示

TOP