LOVEボタン投稿数
51,437 件
レビュー投稿数
2,497 件
アニメ作品掲載数
6,547 作

51,437 件
2,497 件
6,547 作

心が叫びたがってるんだ。
こころがさけびたがってるんだ。

アニメ映画
アニメ映画
  • 3
  • 2
作品をポチポチ応援しよう
総合評価
3.41
総合順位
303位
男性評価
3.55
女性評価
3.00
ストーリー
3.3
オリジナリティ
3.1
作画
3.5
音楽
3.2
キャラ
3.3
声優
3.8

みんなが選んだこの作品のジャンル・おすすめポイント!

笑える
0pt
泣ける
1pt
萌える
0pt
憧れる
0pt
ハマる
0pt
日常
0pt
学園
1pt
異世界
0pt
バトル
0pt
恋愛
1pt
ギャグ
0pt
シリアス
0pt
SF
0pt
スポーツ
0pt
音楽
0pt
神シナリオ
1pt
神作画
1pt
神OP
0pt
神ED
0pt
続編希望
0pt

作品あらすじ

幼い頃、何気なく発した言葉によって、
家族がバラバラになってしまった少女・成瀬順。

そして突然現れた“玉子の妖精”に、二度と人を傷つけないようお喋りを封印され、
言葉を発するとお腹が痛くなるという呪いをかけられる。
それ以来トラウマを抱え、心も閉ざし、唯一のコミュニケーション手段は、携帯メールのみとなってしまった。
高校2年生になった順はある日、担任から「地域ふれあい交流会」の実行委員に任命される。
一緒に任命されたのは、全く接点のない3人のクラスメイト。
本音を言わない、やる気のない少年・坂上拓実、甲子園を期待されながらヒジの故障で挫折した元エース・田崎大樹、恋に悩むチアリーダー部の優等生・仁藤菜月。
彼らもそれぞれ心に傷を持っていた。

心の殻に閉じこめてしまった素直な気持ち、本当は叫びたいんだ。
担任の思惑によって、交流会の出し物はミュージカルに決定するが、クラスの誰も乗り気ではない様子。
しかし拓実だけは、「もしかして歌いたかったりする?」と順の気持ちに気づいていたが、
順は言い出せずにいた。
そして、だんまり女にミュージカルなんて出来るはずがないと、揉める仲間たち。
自分のせいで揉めてしまう姿を見て順は思わず「わたしは歌うよ!」と声に出していた。

そして、発表会当日、心に閉じ込めた“伝えたかった本当の気持ち”を
歌うと決めたはずの順だったが…。【公式サイト他参照】

作品情報・関連情報

【公式サイト】https://www.kokosake.jp/

【出演声優情報】
水瀬いのり(成瀬順 役)
内山昂輝(坂上拓実 役)
雨宮天(仁藤菜月 役)
細谷佳正(田崎大樹 役)
村田太志(三嶋 樹 役)
高橋李依(宇野陽子 役)
石上静香(江田明日香 役)
大山鎬則(相沢基紀 役)
古川慎(岩木寿則 役)
藤原啓治(城嶋一基 役)
吉田羊(成瀬泉 役)
津田英三(坂上八十八 役)
宮沢きよこ(坂上シン 役)
野島裕史(順の父 役)
河西健吾(山路一春 役)
柳田淳一(明田川 役)
手塚ヒロミチ(岩田 役)
葉山いくみ(小田桐 役)
加隈亜衣(北村 役)
天﨑滉平(渋谷 役)
田澤茉純(鈴木 役)
西谷修一(田中 役)
山下誠一郎(錦織 役)
芳野由奈(三上 役)
内山昂輝(玉子 役)
諏訪彩花(石川 役)
東内マリ子(岡田 役)
木村珠莉(賀部 役)
榎木淳弥(斎藤 役)
木島隆一(清水 役)
久保ユリカ(高村 役)
前川涼子(栃倉 役)
石谷春貴(福島 役)
三宅麻理恵(渡辺 役)

【楽曲情報】
<主題歌>「今、話したい誰かがいる」/乃木坂46

【放送情報】
<原作> 超平和バスターズ
<監督> 長井龍雪
<脚本> 岡田麿里
<キャラクターデザイン・総作画監督> 田中将賀
<音楽> ミト(クラムボン) 横山 克
<演出> 吉岡忍
<美術監督> 中村隆
<プロップデザイン> 岡真里子
<色彩設計> 中島和子
<撮影・CG監督> 森山博幸
<編集> 西山茂
<音響監督> 明田川仁
<企画・プロデュース> 清水博之、岩田幹宏
<プロデューサー> 斎藤俊輔
<アニメーションプロデューサー> 賀部匠美
<製作代表> 夏目公一朗・植田益朗・清水賢治・中村理一郎・久保雅一・落越友則・坂本健
<製作> 「心が叫びたがってるんだ。」製作委員会(アニプレックス/フジテレビジョン/電通/小学館/A-1 Pictures/ローソンHMVエンタテイメント)
<制作> A-1 Pictures
<配給> アニプレックス
<宣伝> KICCORIT
<公開時期> 2015年9月 ここさけ

作品関連動画


作品の評価・感想・レビュー(全2件)

泣いた~!

3.91
視聴済み
ストーリー
4.0
オリジナリティ
3.0
作画
4.0
音楽
3.5
キャラ
4.0
声優
5.0
まずは幼いころのトラウマのせいで声が出なくなるというり難しい役をやったいのりんは凄い

さらに表示

思春期の子供たちの成長物語

3.75
視聴済み
ストーリー
3.5
オリジナリティ
3.5
作画
4.0
音楽
3.5
キャラ
3.5
声優
4.5
岡田麿里さんが脚本を務め、声優さん達がまさに実力派揃いって感じのメンバーで繰り広げられる、豪華青春アニメ映画。

時には人を傷つけたり、時には人の心を救ったり、様々な葛藤が描かれている作品です。

個人的な感想で言えば、ラスト少しだけ「?」と思った部分はあるのですが、総評として素晴らしい作品だと思います。

さらに表示

TOP